西帰浦(ソギポ)毎日オレ市場ツアーを終えたなら、向こう側の「李仲燮(イ・ジュンソプ)美術館」へ

市場から美術館方向に約340mほど続いた道が、李仲燮(イ・ジュンソプ)文化通りです。街灯の頂上には李仲燮(イ・ジュンソプ)の絵がかかっており、簡単に見つけることができます。週末になると地域の芸術家が集まり、アートマーケット「西帰浦(ソギポ)文化・芸術・デザイン市場」が開かれる通りでもあります。李仲燮(イ・ジュンソプ)は西帰浦(ソギポ)にすんでた時代を貧困だったが、一番幸せだった時間と記憶し、李仲燮(イ・ジュンソプ)美術館とその隣の居住地を見回せばその気持ちが少しは分かるかも知りません。

家族と一緒に賃貸で暮らしたとする一間の部屋は狭いが団欒で、彼の絵の中の西帰浦(ソギポ)は優しくて暖かいです。美術館には彼の原画だけでなく、妻のイ·ナムドク夫人とやりとりした手紙も鑑賞することができるので、外せられないのは美術館の屋上です。彼の作品<ソプ島が見える風景>の実際の絵が目の前に開かれていて、新しい建物が立てたれてはいるが、相変わらず美しいソプ島と海に出会えます。