有名グルメ番組で数回、絶賛された「ゴギ·グックス(肉素麺)」

白いスープに肉と若干の野菜が入った形で、麺は普通の素麺よりは少し太いです。食感はしっとりしていて、スープの味は陸地のどんなメニューとも比較し難い、お母さんが作ってくれるゴムグク(牛骨スープ)ように真心がこもった味がします。

味で感じられる深い味わいには一口食べると幸せな感動の笑いが浮かびます。

最近は「ビビン・グックス(混ぜ素麺)」の形態のように甘辛いコチュジャンソースに混ぜて食べられるスタイルのメニューも人気メニューが出ています。済州(チェジュ)島は小麦を主食と使用してたために、他の地域とは違って面が太いのが特徴です。今はほとんどの店が少なくとも中麺以上の麺を使用して料理を作っています。豚肉は他の香辛料や野菜などを一切入れず、豚の骨と豚肉だけを水に入れて煮るが、これは済州(チェジュ)道特産品である豚肉が他の地域に比べて異様な臭気が少なく、脂肪の香ばしさが優れているので可能だと言っております。