ハンチ(ヤリイカ)

6~10月はハンチが最も美味しい時期で新鮮な生物ハンチをそのまま切って入れると、こりこりしながらも柔らかい触感を楽しめます。

ハンチ・ムルフェは済州(チェジュ)島の夏季によく食べられる冷や汁代用で、ハンチの刺身和えてから水を入れて食べるとのことで「ムルフェ(水刺身)」という名前が付けられました。本来は食べ物が見つからなかった蒸し暑い夏場、水に味噌を解いて、ハンチの刺身と色んな野菜を一気に混ぜて食べていた救荒食だったが、今は珍味の郷土料理の一つとして挙げられています。西帰浦(ソギポ)毎日オレ市場の中でもハンチ·ムルフェを味わえます。