形成過程

西帰浦(ソギポ)毎日オレ市場は西帰浦(ソギポ)市西帰洞に開設されている常設市場だ。西帰洞は西帰浦(ソギポ)市の中心地で、西帰浦(ソギポ)毎日オレ市場は釜山(プサン)の国際市場で物品を購入する西帰浦(ソギポ)市卸売商が立てた。1960年に開設された時の市場の名前は、西帰浦(ソギポ)毎日市場だった。1920年代の半ばには日本の潜水業者たちと多くの漁民たちが西帰浦(ソギポ)に移住して暮らし、日本の資本によって缶詰工場と貝ボタン工場などが建てられた。ここに1932年には既存の一周道路に加え、漢拏山(ハンラ・サン)麓を通って済州(チェジュ)市に通じる道路が開通されて西帰浦(ソギポ)地域で生産された物産が行き来できるようになった。その結果、西帰浦(ソギポ)は物流の中心地へと変わった。西帰浦(ソギポ)毎日オレ市場は、農産物、水産物、畜産物、雑貨、衣類、食堂などを備えた一般的な市場と大差がなかった。それに加えて観光と柑橘産業の好況を享受した済州(チェジュ)島の他の地域と同様に繁栄を享受した。

しかし、柑橘産業が限界に達し、人口が済州(チェジュ)市へと移転し、市場は少しずつ衰退し始めた。また、1990年代以降は大型マートが建てられ、市場は深い低迷に陥ってしまった。西帰浦(ソギポ)毎日オレ市長は変化に対応として2000年代以降、施設の現代化などの変化を図り始めてた。2000~2003年の間に620mに達するアーケード施設を備え、大型駐車場を設けた。2004年には屋台と看板、トイレなどを綺麗に整備した。その後も野外公演場の設置を始め、絶え間ない施設の現代化を通じて顧客の便宜を高めた。西帰浦(ソギポ)毎日オレ市場が大きく跳躍したのは2010年文化観光型市場の育成事業に選定されてからだ。外形を整備した状態で文化と芸術が繋ぎ合わされて、西帰浦(ソギポ)毎日オレ市場は伝統文化と芸術が流れる空間へと蘇った。